メイプルホームからのメッセージ

福岡の注文住宅メイプルホームのブログです。

  • 東区グループホーム新築工事


     

    こんにちは

    技術部のFです。

     

    東区で行われていたグループホーム及び保育園の工事が今週でお引き渡しとなり、それと同時に私も約3か月という、長いようで短い研修がようやく終わり迎えようとしています。

     

    滅多に携わることのできない大型木造に長い間身を置くことができ、本当に多くのことを学べました。

    早くこのような物件を任せていただけるような一人前の現場監督になれるよう、また明日からの業務にも励んでいきたいと思います。



     

    ****福岡の輸入住宅はメイプルホームへ****

    20181112 F

     


    2018年11月12日

  • hitファミリーフェスタ

    モデルハウスのあるマリナ通り住宅展示場では

    1111日の日曜日、恒例の肉にくカーニバル

    が開催されます。100円でボリュームのある

    ジャンボ豚バラ串などがお楽しみいただけます。

    また冬期限定のマジックアイススケートリンクが

    今年も登場しますので、ぜひご家族でご来場下さい。

     

    ***九州の輸入住宅はメイプルホームへ***  20181109 B


    hitファミリーフェスタ201811.jpg

    2018年11月9日

  • 祝☆福岡ソフトバンクホークス日本一☆二連覇

     こんにちは。設計のBianchiです!

    福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズ二連覇達成しましたね!

    優勝おめでとうございます!

    3日は私も優勝の瞬間を見ようと仕事を早めに切り上げて帰宅しました。

    ファンの方たちは優勝の瞬間を待ちわびていたことでしょう。

     

    広島の最後の打席、4番 鈴木誠也選手もねばりのバッティングで

    とても熱くなりました。

     

    王会長が「負けない強さ」を持ったチームと挨拶されていましたが

    試合がどう転んでも、負けない、そんなチームは最強だなと納得してしましました...。


    photo0000-2706.jpg


    しばらく、優勝の余韻が続きそうですね!

     

    ****福岡の輸入住宅はメイプルホームへ****

       20181105 Bianchi

    2018年11月5日

  • 『福岡個人見解 其之九』

    こんにちは。技術部のCURADOです。

    福岡市城南区に黒田家の別邸跡の友泉亭があります。福岡に住んでいる方には近場でおすすめスポットです。

     

    友泉亭は1754年(宝暦4年)福岡藩の六代藩主、黒田継高の時代に造られました。

     

    友泉亭②.jpg     友泉亭①.jpg

     

    かなり広い庭園ですが、ほかの藩の別邸はもっと広大で、それに比べると友泉亭は小さな別邸だそうです。

    現在では住宅地が立ち並ぶ場所にありますが、造られた当初は人里離れた場所で、喧騒を忘れられる場所としてここに建てられたそうです。

     

    友泉亭③.jpg     友泉亭④.jpg

     

    公務の間の休息や狩りに行くときの宿泊場所として利用されたとの事。

    また、人気がない為、密談をするときに都合がよく、お由羅騒動と言われる薩摩藩のお家騒動の際にはこの友泉亭で薩摩藩から逃げてきた藩士の引渡し交渉がこの友泉亭で行われています。

     

    一説によると、福岡城からここまで地下道でつながっていたという説も...。

     

     

    【参考文献】

    http://www.yusentei.com/ 友泉亭公園管理事務所ホームページ

     

    ***輸入住宅はメイプルホームへ***   20181029 CURADO

    2018年10月31日

  • ~海辺の別荘の躯体改修工事~

    こんにちは技術部のYzです。

     

     

    現在私が担当している別荘の改修現場の紹介をさせていただきます。

     

    別会社で新築された当別荘は、元々外壁改修工事という事でお話をいただいたのですが、色々と話を伺い現場を調査していくとどうやら構造躯体がかなりダメージを受けていことがわかりました。

     

    構造体となる柱や土台を改修しないとせっかく外壁だけやりなおしても倒れてしまっては元も子もないという事で、その旨を御施主様にも説明して同意の上で構造体の改修から始めることになりました。

     

    とはいうものの構造体の改修工事はなかなか厄介なもので、壁を剝がしたりして中身を確認しないことにはどこまで工事していいものかもはっきり確定はできません。

     という事で、全体の状態を確認するために外壁を剝がしてみたのですが剝がしてびっくり!

     

     

     

    外壁腐食状況.JPG

     

     

     

    耐力壁となる外部の合板や根太、場所によっては柱(スタッド)までが漏水により腐食していました。

     こうなってくると費用も手間も大きくかさんできます。

     

    しかし、放っておいたら建物がいつ傾いてもおかしくありません。傾いてしまったらいよいよ改修工事も大変になってきます。

     

     こういった改修工事は時間も手間もお金もかかりますが建物の状態を見極め改修の方向を吟味しなければ建物の寿命を縮めることになりかねません。長く建物に住み続けるにはとても大切なことです。

     

     建物は建ってしまえばそれで終わりではありません。定期的に建物の調査を行い、必要があればメンテナンスや改修工事を行う事が大切です。

     

     

     sakura.jpg

     

     

     

    ****福岡の改修工事もメイプルホームへ****  20181026 Yz

     

    2018年10月26日

メイプルホームへの資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 092-531-6338

月別の記事一覧

最新の記事一覧

メイプルホームからのメッセージ

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。