メイプルホームからのメッセージ

福岡の注文住宅メイプルホームのブログです。

  • 輸入住宅

    フレンチドアとパーゴラはとてもよく似合います。

    輸入住宅のセオリーですね。

    パーゴラの木香薔薇からまるで

    おしゃれパウダーが満ち溢れているようです。

     

    福岡の輸入住宅はメイプルホームへ     20180716 B



    2.jpg

    2018年7月18日

  • 『福岡個人見解 其之七』

    こんにちは。技術部のCURADOです。


    私の自宅近くで博多区の雑餉隈(ざっしょのくま)に昭和のかほりが残るレトロな銀天町商店街があります。いつも利用させて頂いております♪


    IMG_6635.jpg


    難読地名としてよく挙げられる「雑餉隈」ですが、地名の由来については諸説あり、雑掌(ざっしょう)という太宰府で働く国の役人が住んでいた場所という説が有力なようです。「隈(くま)」とは隅っこという意味。つまり「雑掌が住む地方」ということでしょうか。

     

    中央区春吉にある柳橋連合市場といい、この銀天町商店街といい、レトロな商店街ではやたらと国旗や旗がつけられているのはなぜでしょう???


    IMG_6646.jpg


    今は落ち着いた印象になっていますが、かつては第二の中洲と呼ばれるほどの賑わいを見せていたのだとか。

    軍関係の工場や施設が多かったことや炭鉱が近かったことで繁栄していった歴史があるそうです。

    ちなみに商店街の近くに私が頻繁に利用するマルキョウ雑餉隈店があります。この雑餉隈店がマルキョウの第一号店との事。1964年(昭和39年)創業、オープン当初は丸共ストアという名前だったそうです。

     

    地元民でないとなかなか足を運ぶ機会が少ない雑餉隈。

    近くを通りかかったら是非足を運んでみてください。レトロすぎて新鮮ですよ。

     

     

     

    ***輸入住宅はメイプルホームへ***   20180709 CURADO

     

    2018年7月9日

  • 『My Ra-men Experience #1 ~なおちゃんラーメン@糸島市~』

    こんにちは。メイプルタウン事業部のAyです。

     

    いきなりですが、メイプルホームの定休は平日です。

    我が家の場合、家族の休みと合わないため、ゆっくり体を休められるのは嬉しいのですが、基本的にボッチの休日となります。

    そんな訳で、休日はもっぱらラーメンを食べにいくのが唯一の楽しみになってしまいました。

    数あるグルメブログなどでチェックしていたお店に毎週一件ずつ行ってますので、少しずつ私のラーメン体験=Ra-men Experience』も増えてています。

    ドライブがてら遠出することが多いのですが、今回は地元の人気店に久しぶりに行ってきました。


    なおちゃんお店.JPG

    『なおちゃんラーメン』

     

    福岡市で横綱クラスの人気店「ふくちゃんラーメン」の系列店で、数年前に糸島にオープンしました。オープン当初から評判もよく、今では糸島で1,2を争う人気店といってよいでしょう。


    今回は奮発して...、


    なおちゃんチャーシュー.JPG

    『チャーシューメン 800円』

     

    てんこ盛りのチャーシュー(8枚ほど)で覆われて、全く麺が見えません。

    ふくちゃんラーメン系列のチャーシューは脂身の少ないハードタイプが多く、これはこれで喰い応えがありグッドです。

    なみなみに注がれたスープもこちらの系列の特徴。替え玉を一回して

    腹八分で終了です。ご馳走様でした。

     

    皆様も糸島に行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

    (土日祝の昼時は行列必至ですが...)

     

        ****糸島市の輸入住宅メイプルホームへ****  20180702 Ay

    2018年6月29日

  • 林檎と葡萄の樹

    林檎と葡萄の樹

     

     いつもお世話になります、営業のLA300Sです。

    今回のドライブは、小石原焼きのお皿の購入と朝倉山田の人気スポット「林檎と葡萄の樹」の訪問が目当てでした。

     

    小石原道の駅1.jpg  小石原道の駅4.jpg

     

    小石原道の駅3.jpg 小石原道の駅6.jpg

     

     自宅から約1時間で小石原道の駅に到着しました。微力ながら、復興援の一助にとお気に入りの柄の小石原焼のお皿と焼酎、弁当を購入しました。その弁当はうすあじで素朴な味のシンプルな弁当で、椎茸の煮物が絶妙なおいしさでした。

     

    松末2.jpg 松末1.jpg

     

    松末看板.jpg 松末5.jpg

     

    松末6.jpg 松末7.jpg

     

     激甚災害に指定された朝倉地区の現在の復興の様子をテレビの映像でなく、現地で生の状況を把握することが出来ました。

     正直な感想は、朝倉市松末地区においては、まだまだ復興完了とは程遠い状況だなと感じました。水害の恐ろしい現状に、犠牲者の方々、その家族の方々を思い涙を禁じえませんでした。

      

    林檎と葡萄の樹2.jpg 林檎と葡萄の樹1.jpg

     

    林檎と葡萄の樹3.jpg 林檎と葡萄の樹4.jpg

     

    アップルパイと小石原焼.jpg 林檎と葡萄の樹0.jpg

     

     松末地区を過ぎ、県道をしばらく走り筑後川沿いで出ました。国道から少し入った朝倉市山田にある「林檎と葡萄の樹」に立ち寄りました。

     店舗に隣接する農園でとれた林檎で作ったアップルパイやタルト、喫茶コーナーでは、りんごカレーが美味しいと評判でテレビで紹介されていたお店です。

     アップルパイは夜自宅で食べました。外はサクサク、中は厚めのりんごがとろけるような甘みとほど良い酸味があり絶妙な美味しさでした。是非一度ご賞味下さい。

     最後に、今回のドライブはいつもと違った感情を抱いたものになりました。

    テレビで見た朝倉の復興状況とは違った、松末地区の惨状と懸命な復興作業を目の当たりにして、微力ながら自分たちも支援しようという思いを強く抱きました。

     そして、一日も早い復興を祈念しております。

     

    ***良い土地探しはメイプルタウン事業部へ*** 

     

                                     2018.6.18 LA300S 

     

     

    2018年6月18日

  • ~新緑の大崩山~

    こんにちは技術部のYzです。

     

    ゴールデンウィークを利用して宮崎県の名峰「大崩山」(おおくえやま)に行ってきました。

     ことしのGWは妻が仕事だったので久しぶりにテントと寝袋を背負って23日の単独登山を敢行しました。

     

     みんなでいく登山も良いですが、一人でいく登山もまた楽しいものです。何といっても自由です。2分先の予定を突然変更しても誰にも迷惑をかけませんし、単独行の方が他の登山者との交流が必然的に多くなり色々な登山話が聞けて楽しいものです。

     

     登山二日目の朝はテント泊なので朝5時前には目が覚めます。空が少しずつ明るくなるにともない鳥たちがさえずり始めるので自然と早起きになります。

     

     5時には鍋でお湯を沸かしてコーヒーを淹れ、鍋の蓋をフライパンにしてベーコンエッグを作って軽い朝食としました。新緑の山の中で鳥のさえずりを聞きながら飲む朝のコーヒーは美味しいです!

     

             

     IMG_6956.JPG

     

     

    朝食を済ませていざ山頂へ!

    大崩山は花崗岩の岩峰がそそり立つ景色が素晴らしい山でこの日も日本各地から

    登山客が訪れていました。私が出会った登山者の中にも東京、埼玉、名古屋、兵庫と遠方からの登山者が多く、さすが人気の山です。そしてみんなが口を揃えて「大崩山は面白い!」と言います。

     

    そそり立つ岩峰はスケールがでかく美しく圧倒されます。広葉樹の大木の新緑も美しく、裾野を流れる祝子川の川の流れで造りだされた滑らかな巨石の造形も素晴らしいです。

     

     IMG_7005.JPG

     

    福岡から登山口までは延岡を経由して更に山深く入っていくのでかなり遠くなりますが、機会があれば是非一度訪れてみて下さい。

     

    九州の中でも特にお勧めの山です。

     

     

     

    ****福岡の住宅はメイプルホームへ****  20180611 Yz

    2018年6月11日

メイプルホームへの資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 092-531-6338

月別の記事一覧

最新の記事一覧

メイプルホームからのメッセージ

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。