メイプルホームからのメッセージ

福岡の注文住宅メイプルホームのブログです。

  • "角島に行ってきました"

    こんにちは設計のGARAPAです。

    先日、休みを利用して角島に行ってきました。

     

     

    角島(つのしま)は山口県下関市にある島で、コバルトブルーの海に掛かる大橋が有名です。SNSの影響からなのか、最近とくに人が増えてきました。

    福岡から行くと、車で3時間のところにあり、ドライブコースとしてはちょうどいい距離ではないかでしょうか。

    私も今回で4回目の訪問となりました。

     

     

     

    関門海峡を渡ります。ここまでは車も少なく快適なドライブです。

     

     角島0.jpg

     

     

     

     

    高速を降りると、海岸沿いの国道191号線を通り、角島へ向かいます。

     

    2017-08-13 (2).png

     

     

    道中は、ソフトクリームや、サザエを食べたりと、寄り道しながらのんびりと角島へ向かう予定だったのですが、、

    しかし連休中ということもあり、大渋滞!

    到着は予定より2時間近く遅れ、15時過ぎとなってしまいました。

    寄り道を楽しみにしていましたが、とてもそんな余裕は無くなってしまいました。

     

     

     

    まあ、いろいろありましたが、なんとか無事に角島に到着。

     

    角島11.jpg

     

     

     

    あいにくの曇りで、コバルトブルーの海は見られませんでしたが、でも十分綺麗で、目の前に海が広がり、気持ちがいい景色でした。

    (車の渋滞は2キロの大橋を超えて、島の奥まで約5キロ続いております。)

     

    角島2.jpg

     

     

     

    大橋を渡って、角島に入り、入口の展望台から大橋を見た風景です。

     

     角島3.jpg

     

     

     

     

    島の奥には、海水浴場や、大きな灯台や、ドラマのロケ地になったスポットがあったりと、大橋だけではなく、島全体を楽しむことが出来ます。

     

     角島4.jpg

     

    角島5.jpg

     

    角島6.jpg

     

     

     

     

    最後は川棚で定番の瓦そばをおいしく頂き、帰路につきました。

     

    角島7.jpg

     

     

     

    今回は残念ながら曇りとなってしまいましたが、それでも海風が気持ちよく、楽しいドライブとなりました。

    夏休み最後の思い出づくりに角島ドライブはいかがでしょうか。

     

     

     

    最後に、天気のいい日に撮影したエメラルドグリーンの海の写真を載せます。

    (無加工の写真です。)

    角島8.jpg

     

    角島9.jpg

     

     

     

    ・・・福岡の輸入住宅はメイプルホームへ・・・

    20170814 GARAPA

    2017年8月14日

  • MARVIN社の窓

    お客様からよくリクエストのある出窓、その中でも一番の人気は

    ベイウィンドウです。

    この窓があるだけでお部屋の雰囲気が随分と変わります。

    窓そのものがお洒落で、そのカウンターにさりげなく置かれた物が

    とても引き立つのも、この窓の魅力です。

    メイプルホームで取扱いのあるMARVIN(マーヴィン)社のベイウィンドウは本場アメリカでデザイン・製作されただけあって、その美しさや窓が

    醸し出す雰囲気は他にはないものがあります。

     

    福岡の輸入住宅はメイプルホームへ 20170807  B

     

     

    DSC04409.JPG

     

     

     

    DSC04412.JPG

    2017年8月7日

  • hitファミリーフェスタ

    hitマリナ通り住宅展示場では、夏のイベント開催予定です。

    8/6のご当地アイス大集合!

    8/13のアユのつかみ取り大会!

    8/20のそうめん流し体験などなど

    夏休み中のキッズに楽しいイベント満載です。

    是非ご家族揃って、hitマリナ通り住宅展示場へ

    お越しください。

     

    福岡の輸入住宅はメイプルホームへ        20170731 B

     

    20170730161442533_0001.jpg

    2017年7月30日

  • JUST WHITE

    福岡市内のオーナー様宅です。真白な外壁が夏の青空に映えます。

    日中は日焼けするほどに眩しく光輝いています。まさにJUST WHITE

    オーナー様が家づくりのテーマとされた白い外壁の家が完成しました。

     

     

    just.jpg

     

     

     

    福岡の輸入住宅はメイプルホームへ     20170727 B

    2017年7月27日

  • 《薬院界隈散策16》

    こんにちは。メイプルホーム・マリナ通り展示場のgreifです。

    私達の会社のある薬院の近くで、素敵な建物を紹介する16回目のブログです。

    薬院でも近くのコンビニとかで働いてられるスタッフの中に、日本語ペラペラの快活な外国出身の人をよく見かけるようになりました。彼らは学生とか、働きに来ている方ですが、福岡は外国人観光客が凄く増加している街なんですね。平成25年度から昨年度までに一千万から二千万に倍増してますが、博多港に大きな客船が寄港するようになったのも影響しているそうです。今回はその客船の話です。IMG_2202.jpg

    船名Mariner of the Seas 総トン数 138279t 全長311m 3807名 次港 上海

    マリンメッセの奥、中央ふ頭に停泊してますが、この船が何となく気になったので観にいきました。北九州出身の漫画家で私達位の世代が特に好きな方が多い、松本零士氏の描く宇宙船のイメージに似ているんですね、特にファンネル周りの上部構造物の造形が翼の様にデザインされていて、格好いいんです。貨物船のロープが邪魔してますが、船首側から撮ったのが次の写真です。やはりファンネル(船の煙突)下のブリッジとかがSF漫画を連想させます。詳しく知りたい方は下記のサイトが参考になります。

    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/694684.html

    IMG_2206.jpg

    次は離岸時刻近く日没の箱崎埠頭で撮った写真です。

    DSC_0018 (3).jpg

    手前の停泊中の船尾の客船は

    船名 Costa Serena 総トン数 114147t 全長289m 3780名 次港上海

    写真中央奥に見えるのは中央埠頭を出港して今まさに湾外に向かう巨大客船です。

    船名 Quantum of the Seas 総トン数 168666t 全長347m 4180名 次港 上海

    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/709843.html

    博多港にはクルーズ船と呼ばれる客船が329回昨年寄港しています。 週に二回は10万トン以上の船が泊まっているようです。長さ300m超の10階建以上のビルが動いて航行してくるので、博多ベイサイドプレイスからでも良く見えます。一度、直に見ると、私みたいな乗り物好きでなくても楽しめるのではと思います。博多港クルーズ船と検索すると寄航予定の判る資料がでてきます。

    博多港は深いところでも10mしか水深はありません。総トン数17万tに迫る写真の船Quantum of the Seasは船内の客用エレベーターが最上階16と映る資料を観ました。次階まで高さ3mとすると48mの高さのビルがたった9mの水面下の船底だけで浮かんでいます。そんな船が風も浪もある外洋を走って、なぜ転覆しないのかと考えるだけでも面白いです。

    今回は番外編だけになってしましました。次回は味のある素敵な薬院周辺の建物を紹介します。

     

    福岡の輸入住宅はメイプルホームへ

    マリナ通り展示場TEL:092-885-5213 

     

       

                                  170719営業greif

     

    2017年7月20日

メイプルホームへの資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら 092-531-6338

月別の記事一覧

最新の記事一覧

メイプルホームからのメッセージ

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。