商品ラインナップ【House Lineup】

福岡の注文住宅メイプルホームの商品ラインナップ。

  • スタイル・コンテンポラリー(Style Contemporary)

    北米の近代住宅建築様式である、アーバンモダニズムの家造りを実現する「スタイル・コンテンポラリー」は、それぞれの時代の生活様式に基づいて住宅の機能や精度が進化を遂げ、近代の住宅建築スタイルとして成熟し、機能や性能面の完成度はさることながら、その優美で美しく輝く建物の外観は我々の憧れです。

    福岡の注文住宅のメイプルホームがご提案する「スタイル・コンテンポラリー」の家は、世界に通じる住宅建築のお手本とされる近代的スタイルの輸入住宅です。

    福岡の注文住宅メイプルホームの家 スタイル・コンテンポラリー(Style Contemporary)
  • スタイル・トラディショナル(Style Tradisional)

    英国の伝統的な様式を受け継ぎ、現在もなお多くの建物を残している「スタイル・トラディショナル」はヨーロッパから伝わりアメリカ独自の進化を遂げたクラシカルな様式の総称です。
    福岡の注文住宅メイプルホームがご提案する「スタイル・トラディショナル」の家は、安堵感と癒しを与えてくれる伝統的な英国スタイルの輸入住宅です。

    福岡の注文住宅メイプルホームの家 スタイル・トラディショナル(Style Tradisional)
  • スタイル・コロニアル(Style Coronial)

    ヨーロッパの多数の建築様式が移民によってアメリカに持ち込まれた「スタイル・コロニアル」は主に英国の様式をもとに確立されたもので、当時の時代背景を表すように住宅に無駄な装飾もなく、シンプルで実用的という特徴を持ちます。
    福岡の注文住宅メイプルホームがご提案する「スタイル・コロニアル」の家は古き良き時代の面影を今に伝える輸入住宅です。

    福岡の注文住宅メイプルホームの家 スタイル・コロニアル(Style Coronial)

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。