建築事例【Works】

福岡の注文住宅メイプルホームが手掛けた輸入住宅の建築事例集です。

注文住宅建築事例 - 福岡県 T様邸

スタイル・トラディショナル(Style Traditional)

写真をクリックで拡大
福岡の注文住宅メイプルホームの建築事例「福岡県 T様邸」

外国の邸宅を思わせ、世代を超えて住み継がれていく家

お客様の声

「福岡県 T様邸」の施主様

家を建てるにあたり、時を経ても色あせずに、何世代にわたって住み継がれてゆき、その土地にずっと記憶されるような家を建てたいと考えました。総レンガ張りの外壁や、一枚一枚焼き上げた陶器の屋根など、本物の素材を厳選して使用し、また、飽きることのない伝統的なデザインを取り入れることにより、まさに世代を超えて住み継がれてゆく家になりました。

建物の仕様

商品名スタイル トラディショナル
敷地面積823.06㎡
延床面積296.51㎡
建築面積160.51㎡

モデルハウスのご案内

スタイル・トラディショナル「Snowshill モデルハウス」

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。