建築事例【Works】

福岡の注文住宅メイプルホームが手掛けた輸入住宅の建築事例集です。

注文住宅建築事例 - 福岡県 H様邸

メイプルタッチ(リファイン)(Maple Touch)

写真をクリックで拡大
福岡の注文住宅メイプルホームの建築事例「福岡県 H様邸」

築36年の在来工法の平屋住宅(約30坪)をリファインしました。 瓦はシングル葺に、外壁のリシン吹き付けは洗浄後明るい色に吹き直し、窓は全て樹脂製のペアガラスに、ドアも輸入の木製ドアです。 (耐震補強の為に構造壁を増やしました)

お客様の声

「福岡県 H様邸」の施主様

我が家は築36年と随分古く、床もあちこち傷んでいたことからリファインを考えるようになりました。もともと輸入住宅に興味があったのですが、担当していただいた営業・プランナー・設計の担当者3人の提案力に「他にはない!!」と、メイプルホームに決めました。リファインしたのは床はもちろん、暖炉・煙突と我が家に新しい魅力が加わりました。中でも最もこだわったのはお手洗いです。淡いブルーのドアにベネチアンブロンズのノブと一目ぼれで購入したアンティーク調のドアロックがかわいらしく、またそのドアを引き立てるようなニッチもお気に入りです。

建物の仕様

商品名メイプル・タッチ
敷地面積-
延床面積-
建築面積-

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。