建築事例【Works】

福岡の注文住宅メイプルホームが手掛けた輸入住宅の建築事例集です。

注文住宅建築事例 - 福岡県 Y様邸

スタイル・コロニアル(Style Colonial)

写真をクリックで拡大
福岡の注文住宅メイプルホームの建築事例「福岡県 Y様邸」

ウッドデッキとカバードポーチ、ドーマー、チムニーと働き巾の小さい外壁のラップサイディングは、まさしく正統派の北米型輸入住宅デザイン。1階が親世帯、2階が子世帯の2世帯住宅です。

お客様の声

「福岡県 Y様邸」の施主様

私達の結婚と旧家屋の老朽化が新築を考えたきっかけです。ちょうど西方沖地震後に結婚式だったからです。両親の間では別のメーカーさんで決まりかけていましたが、メイプルホームで営業のMさんと出会ったことで、私の住宅に対するこだわりが目覚めました!どうしてもメイプルホームで建てたくて、試行錯誤したことも今ではいい思い出です。契約後の打合せでは、私のマニアックな要求も、微妙なニュアンスもしっかりと理解していただき、形になりました。どこをとっても全てがお気に入りのお家です!

建物の仕様

商品名スタイル コロニアル
敷地面積481.54㎡
延床面積206.76㎡
建築面積127.73㎡

モデルハウスのご案内

スタイル・コロニアル「New Port Hill モデルハウス」

このページの先頭へ

輸入住宅とは......

輸入住宅とは、一般的には海外の設計思想に基づいた住宅で、建築資材の6割以上を輸入して、工法に外国のものを採用し建築する住宅のことを指します。日本での工法は、2×4工法や2×6工法などの面で構造を支える枠組壁工法が最も多く採用されています。

しかし、メイプルホームの輸入住宅とは、たんに輸入部材や工法を使用しているものとは異なり、海外の優れた機能や性能はもとより、デザイン性を重視し、カスタマイズすることにより使用価値を追求した住宅なのです。世界各国の住宅の中でも、移民の国アメリカには、ヨーロッパの建築が古くから伝えられ、その後世界各国からの移民と共にそれぞれの国の建築が伝えられました。その中で、今も尚優れた住宅のみがスタンダードなものとなり未来へと継承されているのです。福岡の注文住宅メイプルホームが提案する輸入住宅とは、「欧米諸国の人々に継承されてきた生活文化の素晴らしさ」と「この国に育まれてきた伝統の匠の技」とが融合した、グローバルスタンダード(世界標準)な住宅なのです。